太ももやせを効率よくするめるための歩き方

太ももやせをしようと思って全身のダイエットを行っていても太ももというのは非常に痩せてきたということを実感することが難しい場所であるということが出来ます。太ももやせを実感するには運動やストレッチ、スクワットを行うと良いという話はよく耳にします。

しかし、元々からだを動かすことが苦手な人などには苦痛以外の何物でもなく、実践することは非常に難しいと言えます。そうした人にオススメなのが歩き方の改善です。

これは姿勢を良くするということにもつながるようなことになるのですが、基本的に歩く時に踵から降りるということです。意外とつま先の方から足を下ろしている人が多いのではないでしょうか。おろした足はつま先で軽く蹴りあげるような形で足を上げます。これが基本の歩き方となります。

そのうえで、できるだけ歩幅を広くとってイメージ的に手もできるだけ大きく振って元気良く歩くようにするのです。この繰り返しです。この歩き方をしっかりとマスター出来れば自然と太ももは痩せてきます。いま一度、自分の歩き方を見なおしてみましょう。太ももで悩んでいる人はきっと間違った歩き方をしている可能性が高いのです。

太ももやせ

筋肉質にならない二の腕痩せの方法と手順

薄着の季節になると二の腕が気になる方は、多いかと思います。おしゃれをしたくても太めだからできないなんて嫌ですよね。ほっそりとした二の腕に変身したくてもどうやったらいいのか困ってしまうのです。

ダイエット法で筋肉トレーニングがありますが、二の腕をダイエットしようと思っても筋肉が付いてきたのでは意味がなくなってしまいます。ダンベルなどの重いものを持上げるとかでは、逆効果となるのです。

そこでご紹介したいのが、簡単にどこでもできる二の腕ダイエット法ですので、実践してみる価値はあるかと思います。壁があるところで行いますが、壁が背中側になるようにして直立してください。気を付けの姿勢で、両掌を壁につけてください。その状態で壁を両掌で押していく運動を行いますが、肩は上がっていってはいけません。30秒間押していきながら3回続けてやっていくのです。

そして次は、両腕をカラダの横に持っていって、足は肩幅まで開いた状態にして両腕を横に開いていくのです。腕は引っ張られた感じを保ちながら伸ばし続けていくの画ポイントです。さらに腕は手の平をまわしていく動きを行って二の腕は絞る感じで回していきます。これが筋肉質にならない二の腕ダイエットです。

二の腕ダイエット